Adobe Photoshop Elements

Adobe Photoshop Elements 2018

Adobe Photoshopの個人向けでより簡単に高度な画像編集・ペイントが可能。 無料で試用版を使ってみてはいかがでしょうか?

Adobe Photoshop Elementsは、写真/画像編集ソフトの最高峰と言われる多機能なAdobe Photoshopを、個人向けに使いやすくしたソフトウェアです。デザインの専門知識がなくても、比較的簡単に画像を補正または編集し、イラストを作成できます。また、PC内や外部デバイスの画像を取り込んで自動で整理する優れた画像管理ソフトとしても使えます。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 高性能な画像編集機能が盛り込まれている
  • 画像整理、分類、ウェブアップデートも可能
  • プロでなくても使えるようにガイドも充実

反対票

  • CMYKカラーに非対応で、紙での印刷時の色にこだわりたい場合には向かない
  • ペイント機能はPainter Essentialsの方がよい
  • 多機能のため、重いという声がある。

最高峰
10

Adobe Photoshop Elementsは、写真/画像編集ソフトの最高峰と言われる多機能なAdobe Photoshopを、個人向けに使いやすくしたソフトウェアです。デザインの専門知識がなくても、比較的簡単に画像を補正または編集し、イラストを作成できます。また、PC内や外部デバイスの画像を取り込んで自動で整理する優れた画像管理ソフトとしても使えます。

30日間無料で試用版のご利用が可能です。

シンプルに高度な編集を実現する

Adobe Photoshop Elementsは、写真の自動補正ができる写真管理・整理ツールElements Organizerと手動で高度な編集ができるPhotoshop Elementsに分かれています。初めてPhotoshopシリーズの製品を使うという人、あるいは趣味の範囲内で高度な画像編集を行いたい人におすすめです。Elements Organizerでは、写真をキーワードや撮影日によって分けて整理したり、ワンクリックでコントラストや赤目などを修正したり、Facebook・Flickr・電子メールなどに直接送ることができます。より細かい編集をしたいときは画面右上の「家」アイコンをクリックしてPhotoshop Elementsを開きます。

Adobe Photoshop Elementsではさまざまな画像編集が可能です。例えば2D画像のリサイズ・変形、ピントがボケた写真の手動補正、写真を油絵のように変えるフィルターの適用、文字や図形の挿入などを簡単に行えます。白紙のキャンバスにブラシツールや型抜きツールなどでゼロから絵を描くこともできます。使い方がわからない場合は「ガイド編集」モードを使えば、それぞれの機能の解説を見ながら操作できます。ヘルプメニュー内のユーザーガイドも充実しているので安心です。逆にいうと、初めてPhotoshopを使うという人はガイドを手放せないでしょう。

上位版のAdobe Photoshopとの主な違いは、各種の編集機能が基本的なものだけに限定されていることに加え、雑誌など紙での印刷で用いられるCMYKモデルに対応していないなど、操作可能な色・画像形式が少ないことが挙げられます。趣味に利用する場合でも、印刷所に依頼して印刷する場合や印刷色にこだわる場合は上位版を利用したほうが良いでしょう。一方、画像編集よりもイラスト作成などのペイント機能を重視する場合は、ブラシツールの性能がより良く、種類が豊富なCorel Painter Essentialsがおすすめです。

Adobe Photoshop Elementsは、高度な個人利用向け画像編集ソフトです。「重い」「起動が遅い」「インストールに時間がかかる」という不満もありますが、それだけ多くの機能が盛り込まれているということでしょう。


Adobe Photoshop Elements

ダウンロード

Adobe Photoshop Elements 2018

ユーザーレビュー